薄毛を改善した女性たちのリアルエピソード

ケース①33歳から1年くらい抜け毛・薄毛に悩まされた…

25歳くらいの頃から、フローリングに落ちる髪の毛の本数が多くなってきたように感じて、気にしていなかったけれど、髪のボリュームが少なくなってきたこと気づきました。

気のせいだと自分に言い聞かせて見て見ぬふりをしてきましたが、出かける前に髪の毛をクシでとかした時に髪による抵抗を感じず、分け目の地肌の白い部分が広がってるのが解りました。

怖くなりすぐにネットサーフィンをしまくって、情報を探しました。

情報通り亜鉛等のサプリを飲んだり、シャンプーも自然由来の髪に良いとされる製品を試したりしましたが、すぐに効果は感じられませんでした。

ある時血流が悪いことで栄養が行き渡らないのが良くないと書いてある記事を読み、ちょっとしたTVを見てる合間など、こまめに頭皮マッサージをするようにしました。(やり過ぎは良くないと思ったので1日3回ほど)

育毛剤で頭皮マッサージと生活改善で完治

毎日1日2回欠かさず、育毛剤を塗布していました。

いろいろ調べて、良さそうと思い購入しました。

正直、育毛剤が効くわけないと思っていたのですが、産毛が生えてきて嬉しかったのを覚えています。

毎日欠かさず使用

育毛剤は、一度使うのを辞めると、抜け毛が増えると聞いたので、辞めるのが逆に怖いです…笑

育毛剤は、歯を磨くのと同じくらい、自然にやるように心がけています。

入浴後は育毛エッセンスでマッサージ

あとはゴールデンタイムと呼ばれている22時~02時までの間に寝るよう心がけました。

2週間ほどで、髪の毛の立ち上がりの違いに気づきました。

シャンプーしてるときも、短い毛が生えてきてるのを手先の感覚で感じました。

かなり色々なことを試してきたつもりですが、基本的なことが大切だったんだなと感じています。

ケース②「つむじはげ」を改善させた女性。つむじ研究女


引用:つむじ研究女

「つむじ研究女」管理人の山中 美保と申します。

現在32歳の既婚の会社員です。

私は20代前半、24歳ころから薄毛でした。

薄毛の進行は非常にゆっくりで、円形脱毛症のように突然一気に抜けたというわけではありません。

つむじ~頭頂部にかけて非常に薄く、そこから全体的にスカスカになっていくようにハゲていきました。

一番ピークだったのは20代後半から30代で、一発で薄毛と分かるくらいに。

他人の目を気にして送る生活はとても辛く、自殺も考えたこともあります。

はじめはつむじ(頭頂部)のみハゲてました。

そこからゆっくりと全体的に薄くなっていき、側頭部や後頭部も薄くなっていったという感じです。

頭頂部あたりは特に細く毛も少なく、髪の毛の密度はかなり低かったです。

引用元:女性の薄毛を改善したブログ

幼少期~小学生の頃

髪の量は周りの子たちと特に変わりはありませんでした。多すぎでも少なすぎでもなく。

写真を見てみてもいたって健康そうな子供という感じ。

髪の毛についての思い出といえば、

自分の希望でもないのに母親行きつけの美容院に連れて行かれオバちゃん美容師に勝手にベリーショートにされ

「可愛いわね~よく似合うわ!」なんて美容院にいた大人全員にちやほやされ

いい気になって次の日登校したら、

教室の扉を開けた瞬間に「うわっ!男かと思ったきっしょー!!」

と同じクラスの男子

(しかも当時気になっていた男の子)にズバリいきなり言われたことがトラウマになったくらいですね(泣)

→ 続きはこちら